DSN-12 Asuka 120% - Burning Fest - Asuka Honda theme

 今回ご紹介するのは、1994年に一部のパソコン用(FM TOWNS・X68000)対戦型格闘ゲームとしてファミリーソフトから発売されたゲーム『あすか120% BURNING Fest.』より、本田飛鳥ステージBGMをKORG DSN-12で打ち込み演奏した動画。

 
 色々なハードで続編や移植がなされたゲームで、現在はPSストアのゲームアーカイブスからもプレイが可能となっているゲーム。私自身はPCエンジンのマキシマが初じめてで、シリーズをいくつかプレイしましたが音源やゲームシステムなどの面で、マキシマが一番好きだったりするゲームです。

 当時としては目新しい二段ジャンプや超必殺技、他にも相殺や連携や叩きつけ攻撃・受身など、色々と揃った格闘ゲームだった記憶があります。回避とかもあったような…。

 その中でも一番印象に残っているかというと、例えばバレー部のキャラ vs ソフトボール部のキャラだった場合、「バレー部が飛び道具でスパイクを打つとソフトボール部のバットで打ち返せる」、そして逆に「ソフトボール部がボールを投げるとバレー部はレシーブでそのボールを拾ってトスを上げてスパイクで返す」など、その本当に良いシステムだったなーという記憶があります。ちなみに延々ひとつのボールを返しあってどっちが先に失敗するか!?みたいな遊び方も楽しかったです。

 ちなみにBGMがどれもいい曲で大当たりのゲームでしたが、何よりエンディングテーマの「また明日 See You…」(これは普通に歌ですが)が本当に大好きで、うちではゲームがまだ現役なので時々プレイして聞いていたりも…。(笑)
 
 そんなわけで、あすか120%マキシマが私が一番はまった格闘ゲームだったと思います。ただし周りにPCE派なんて一人もおらず、マキシマが1995年なのでこの頃だとみんなPSとかサターンをやっていたと思います。(・ω・`)

 可莉奈かわいいよ可莉奈(ロ`*)ハァハァ



2017年春アニメ新番組一覧-放送スケジュール
2017年の春(4月)より放送が開始される新作アニメ情報ページ。PVや放送時間・その他公式情報をピックアップ。随時更新致します。
  • DSN-12 Asuka 120% - Burning Fest - Asuka Honda theme
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加